月別アーカイブ: 2012年7月

 暑くてボケる・・・

暑いですね。

職業柄、資金移動といって金融機関の間で現金の移動をさせることを時々するのですが、ATMでは取り扱えない額なので、ケチな僕は窓口から窓口へ現金を持って移動するんです。安全性を考えれば振込をすればいいんですが、やはり振込手数料を払うのが相当嫌なのです。

そんな事で、先ほどK銀行で330万円引き出したのですが、出てきた束はなぜか6本あるのです。よく見ると、そのうち3つは見慣れない青い束でした。不思議な事に30万円分を1000円札で300枚用意してくれたのです。

給与支払を現金で行っていると、金種表に1万円○○枚、千円○○枚とか書いたりして千円札の束が出てくる事はありえますが、うちはそんな事やっていません。

330万円引き出したら、3束と30枚でくれるのが普通じゃないのかなぁ・・・

事情が飲み込めなかったので、窓口の女性に「なんで1000円札?」って聞くと、「えっ・・・すいません、間違えました。」と。

あ、そうなんですね。間違えなら待ってますよ。暑いからボケちゃったのかな。

 

さて、その330万円をしっかり握りしめ、コンビニで諸支払を済ませ、そしてA銀行で入金手続きです。

いろいろ差し引いて手元には310万円残っているわけですますが、入金用紙に¥2,100,000と記入して、持っていた現金をすべて窓口で手渡しました。しばらくすると、カウンターで私を読んでくれています。「おっチョー手続き早いじゃん」って思って窓口に行くと、「用紙には210万円と書いてありますが、いまお預かりしたのは310万円で1束多いんですが・・・」とおっしゃいます。「あれ?おかしい、確か総務のコに、A銀行には210万円入れてくださいって言われたぞ。1束どうするんだっけ?」と自問しながらも全く思い出せず、「じゃあ310万円入金します・・・」と行った瞬間に思い出しました。以前大げんかしたT銀行にも入金しなくてはいけなかったのです。

仕方がないので、「やっぱり210万円にします。」と伝え、既に金額を訂正してしまった用紙は書き直し、残りの100万円の束一つを持ってT銀行に行ってきました。

いい時間になったのでコンビニでお昼を買い、おつりを受け取ったはず・・・なのですが、帰ってきてから財布を見ると1枚足りないのです。いろいろ探し、店員さんにも聞きましたが、落としてしまったようです。はぁ〜今日は金融厄日?いや、暑くてボケてしまったのでしょう。イタイッ5000円!